化粧箱の種類や用途について

subpage1

化粧箱には様々な種類がありますが、一般的にギフト品を納めるラッピングやデザインに突出した贈答用の入れ物というイメージが浸透しています。

その用途毎の種類は実に多岐にわたっており、各種食品や化粧品および電化製品等を収納する通常の箱タイプから贈答用の詰め合わせたお菓子や食品を分割した蓋と箱に分かれるタイプ、そして書籍やDVDなどの商材を格納してパッケージデザインとするタイプなどが人気です。
但し前述した各種タイプはあくまでひと握りのサンプルケースであり、化粧箱の観点からは更に様々なタイプでの活用目的で作成されているのです。

化粧箱の詳細は専用ホームページで紹介しています。

蓋つきで箱と2分割したタイプでは組み立てに時間はかかるが、それ自身のコストは低くて済むという特徴があります。


またそれに用いられる商品の種類は食品や衣料・玩具などなど、様々な種類のパッケージで活用されてます。



書籍やDVD、最近ではブルーレイディスクなどのパッケージで広く活用されているケースタイプは個性的なデザインや多くの対象物を揃えて保管・目視が容易であることが求められます。



広く使用される化粧箱の特徴で重要なのは、型崩れしにくくて内容物のイメージを最大限にアピールすることが求められます。

そして贈答用に用いられる目的から、通常の梱包よりも豪華さや特別感を演出することが必須です。


送った後の記念で化粧箱を保管することも多い為に、色褪せない材質を使用することやデザイン重視とすることが必要不可欠なのです。